システム計測

結線・導通・チェックならシステム計測

お気軽にご連絡ください Tel.022-285-8801 Fax.022-285-8882

ダウンロード

CN-100使用例

100chの抵抗測定が低価格で行える抵抗測定器コネクタチェッカー。
アイデア次第で様々なアプリケーションにご利用いただけます。

アプリケーション例

ハーネス関連
  • ストレート結線、クロス結線等の配線状態を記憶し、
    製作完了品との比較検査を行い良否判定を行う。
  • 圧接コネクタ等を使用して製作されたケーブルの圧接時の
    隣間ピンショートの有無を確認し良否判定を行う。
  • 検査等で使用されるハーネスの製品管理用として使用。繰り返し勘合を行う環境で
    コネクタの破損、断線等を抵抗値測定により状態検査及び観測を行う。
基板関連
  • スルーホールへコネクタをはんだ付けする際に、はんだブリッジの有無を行う。
  • ピン冶具等の設備を使用し、プリント基板のパターン確認を行う。

接続例

FPC(FFC)ケーブルの断線、ショート確認用
FPC(FFC)ケーブルの断線、ショート確認用イメージ コネクタチェッカー出力ケーブルを上図の様に結線する事で、検査対象物の電極部に対し片側のみのコンタクトで隣間ピンショートの確認を実施。更にフレキクランパと接続する側と反対側の 電極を全ピンショートして検査をする事で断線の確認が可能。
コネクタチェッカー概要
  • ハーネスなどの2端子間の導通検査を行う装置
  • 最大100×100ポイントの導通検査が可能
  • 総当たり方式で検査を行いクロス配線の検出も可能
  • 抵抗値の測定範囲は最大10kΩ(CN-100の場合)
50極FPCの検査
50極FPCの検査イメージ
デモ機貸出し